記事一覧

高圧的な指導者たちの結末

これから指導者になる方、どんな先生が理想ですか?

決して高圧的指導者にだけは、ならないでいただきたいです。

実は小学校勤務時代に、学級の児童を軍隊のように操る先生がいました。

その先生はある日、同じような指導方針の先生
「子供になんて好かれなくていいのよね〜。子供のためには厳しくしなきゃ!」
と何故か楽しそうに、自信たっぷりに話していました。

それから、
「子供と仲良く友達みたいになるなんて考えられない!」

「子供に好かれようとしてるんじゃない?イヤね〜」
なんて話していました。

この学級の子供たちにとっては、音楽の授業だけが唯一、担任から解放される時間。

授業後は、ギリギリまで音楽室にいて、私に担任の愚痴をたっぷり話してスッキリして教室に戻っていました。

子供たちは賢いので、担任の前では仮面をかぶって、学校生活を送っていたんです。

担任から見れば、自分の力で素晴らしい学級になっていると感じていても、それは子供たちの空気を読んだ行動によって成り立っていたわけです。


この話をピアノレッスンに置き換えると、高圧的な指導は、一見子供が早いスピードで伸びていくように感じます。
しかし、子供のメンタルを考えるといいものではありません。
ピアノが好き、上手になりたいという気持ちよりも、怒られたくないという恐怖心で伸びていることの方が大きいです。


本当に大切なのは、子供がピアノを大好きで、自発的に伸びるようとする気持ちを作り出すことだと思います。

そのために私は、
・愛情を持って接すること
・生徒さんの考えや性格を理解する
・自分のことを生徒さんに知ってもらう
・生徒さんの心に響くような話し方
・きめ細やかな技術指導 
以上のものを心がけ、レッスンしています。


余談ですが、上記の先生方は、もうご退職されました。
一名の方は、結局この指導方針を貫き、最後は保護者からのクレームの嵐で、御自身が不登校になられ、そのまま退職となりました。

高圧的な指導は、指導者自身の結末も不幸にするのでオススメしません。


人気ブログランキング

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村




KIMG0154.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ユーザータグリスト

レッスン ピアノ 発表会 練習 生徒さん 女の子 息子  ピアノdeクボタメソッド 年長 保護者 年少 育児 子育て 早期教育 ピアノ講師 小1 先生 男の子 ピティナステップ  おのうえピアノ教室 表現 プログラム 健康 努力 ありがとう 小3 集中 ベートーヴェン 大人 ショパン 将来  練習コンテスト 本番 小5 指導者 緊張 小2 体験レッスン 連弾 感動 セミナー お出かけ 精神 コンクール ピアノ教室選び LINE@ 足踏み式オルガン ソルフェージュ 楽譜 教える 友達 ブルグミュラー マインド ピアノコース ドリル 時間の使い方 子ども リズム 確定申告 ワーク 演奏  教材 トレーニング グランドピアノ 姿勢 メンタル ピティナ 友人 アップライトピアノ バイエル ピティナコンペ 聴音 信頼 リハーサル 英語 記憶力 ライバル 子供 間違い 漢字 観察 結婚式  正しい スムーズ スピーチコンテスト やり方 毎日 コンペ 課題曲 留学 イメージ 横浜市緑区 体験 あがり症 尾上繭子 楽しい 人間力 中山駅 調律 基礎 中学生 読み聞かせ 6手 短期記憶 振替 絵本 家事 電子ピアノ 表現力 甲子園 マナー 奇跡のレッスン 信頼関係 感謝 幼児教育 集中力 作曲 年中 幼児教室 講習会 ピアノ教室 モーツァルト チャイコフスキー 記帳 聞く 素直 サッカー 高圧的 平吉毅州 おめでとうクリスマス ささぶねの航海 講師演奏 厳しい スターウォーズ 構成 教育 褒め ピアノアドベンチャー 受験 ピティナライセンス 高校生 保育士 上達 勉強 指導 2歳 予定 電車 楽典  

プロフィール

尾上繭子

Author:尾上繭子
横浜市緑区 おのうえピアノ教室の講師 尾上繭子です。
熊本にてバレエピアニスト、音楽教室の講師を経て、小学校の教員として5年間勤務した後、家庭の都合で横浜へ転居。横浜にてピアノ教室を立ち上げ、カルチャースクールにおいて指導したり、演奏活動もしてまいりました。
現在2児の子育てにも奮闘中です。

コメント