記事一覧

ピティナコンペティション地区予選

昨日、ピティナコンペティションに生徒が参加しました。生徒と言っても、私の息子です。

息子にとって初めてのコンクールとなりました。本番前は母として指導者として、私の方が緊張してしまいました。

母としては、「今まで練習したことが発揮できるか。」「直前まで自宅でコンクールの曲ではないものを弾いていたけど、ちゃんと課題曲を弾いてくれるんだろうか・・・。」とドキドキします。

指導者としては、「選曲、課題曲の組み合わせはこれでよかっただろうか・・・。」「指導法はよかっただろうか・・・。」といろいろ考えてしまいます。

同じ曲でも、演奏者によって違う表現になりますし、こんな表現方法もあるのか~と毎回勉強になります。

曲の組み合わせも様々ですね。ピティナの場合、2曲を組み合わせて弾かなくてはならないので、選曲のバランスは重要なんです。実際、コンペが終わると、予選通過率というものが発表され、どの曲の組み合わせが何%通過したかがわかります。


本番、息子は練習通りに表現をしていました。練習通りに弾くっていうのが一番難しいことだと思うのですが、それができたのでたくさん褒めてあげました。結果はどちらに転んでも気にしていませんでしたが、後から講評をもらいに行くと予選通過してました。

KIMG0172.jpg


地区本選は厳しいステージです。毎日一生懸命練習した方ばかりが参加します。

うちの息子はお恥ずかしながら、何時間も集中して練習できるタイプではないので、これからも課題曲以外の曲を楽しみながら、ちょこちょこ課題曲も弾いていくことになります。
母として指導者として、息子のピアノ大好きな気持ちを消さないように、楽しみながら次のステージに向けて練習したいと思います。


おのうえピアノ教室では、保育士を目指す方、実際に園に勤務されている方の単発レッスンも行っております。(単発レッスンの場合、曜日・時間は応相談)
通常のレッスンは、2歳のお子さんから大人まで行っています。現在は平日の午前中のみ募集しております。小さなお子さん連れのママさんのレッスンも可能です。ご興味のある方は、ホームページをご覧ください。

お問い合わせはこちらをクリック

公式LINE@もあります!是非ご登録ください。
友だち追加


人気ブログランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント